製品紹介

  1. 大見工業トップ
  2. 製品紹介 汎用切削工具
  3. 木工工具
  4. 木工ビット

汎用切削工具>木工工具

木工ビット

穴掘り、溝掘り、切り抜き加工等に。

木工ビット
刃先材質 超硬チップ
被削材 木材・合板
適合機種 トリマー ルーター

1分間に約20,000~30,000回転で切削。
切れ味が非常に良く長寿命、きれいに加工できます。
トリマー、ルーター付属のガイドをご使用ください。


超硬ストレートビット

穴掘り、溝掘り、切り抜き等に

・ 木質系材料、樹脂系(人造大理石)材料の穴掘り、溝堀り、切り抜き作業に最適です。
・ 加工用途に応じ最適な刃物をお選びください。
・ 木質系材料、樹脂系(人造大理石)材料の穴掘り、溝堀り、切り抜き作業に最適です。
・ 加工用途に応じ最適な刃物をお選びください。


超硬ソリッドストレートビット

超硬ムクで折れにくい。

超硬ムクの為、超硬ストレートビットより剛性が高く折れにくいタイプ。細い溝掘り、切り抜きに最適。
超硬ムクの為、超硬ストレートビットより剛性が高く折れにくいタイプ。細い溝掘り、切り抜きに最適。


V溝ビット・巾木ビット・U溝ビット

・V溝ビット:文字・飾り彫刻等に
・V溝ビット:文字・飾り彫刻等に
・巾木ビット:出角を安全形状に加工
・巾木ビット:出角を安全形状に加工
・U溝ビット:戸の引き手溝や階段の滑り止めに
・U溝ビット:戸の引き手溝や階段の滑り止めに


強力1段(片面)/超硬1段(片面)フラッシュビット

■強力1段フラッシュビット
台金部分に高剛性ハイス材を採用し、2×4の窓抜き等、重切削にも対応。
先端刃はハイス刃、切り抜き刃はクズハケの良い超硬外刃付けとし、従来品に比べ、スピーディな作業が可能になりました。
ツーバイフォー(2×4)対応
■強力1段フラッシュビット
台金部分に高剛性ハイス材を採用し、2×4の窓抜き等、重切削にも対応。
先端刃はハイス刃、切り抜き刃はクズハケの良い超硬外刃付けとし、従来品に比べ、スピーディな作業が可能になりました。
ツーバイフォー(2×4)対応
■超硬1段フラッシュビット
ベニヤ、ボード等の片面の切りぬきに。
芯材の細い場合はガイド(G)の狭い6×6×G5で。
■超硬1段フラッシュビット
ベニヤ、ボード等の片面の切りぬきに。
芯材の細い場合はガイド(G)の狭い6×6×G5で。
木工ビット


超硬2段(両面)フラッシュビット

ドア等、2枚の板を一発切りぬき。
芯材の細い場合はガイド(G)の狭い12×12×G5で。
ドア等、2枚の板を一発切りぬき。
芯材の細い場合はガイド(G)の狭い12×12×G5で。


テンバイルーター

刃先は超微粒子の超硬チップに特殊研磨を施しました

刃先は超微粒子の超硬チップに特殊研磨を施してあり切削抵抗1/2(当社比)、2倍以上の長寿命を誇ります。
刃先は超微粒子の超硬チップに特殊研磨を施してあり切削抵抗1/2(当社比)、2倍以上の長寿命を誇ります。


超硬アリギリ

1本でオス、メスの両方の仕口加工が出来ます。
トリマー・ルーター付属のストレートガイドを使用して下さい。
1本でオス、メスの両方の仕口加工が出来ます。
トリマー・ルーター付属のストレートガイドを使用して下さい。


ストレートトリマー/両偏心トリマー

底ならし、目地払、面取りに

木工ビット


らくらくニックビット

片側ニック刃で木質ボード・厚合板を一刀両断

・片側ニック刃で難削材の木質ボード、合板、集成材等の切り抜き、穴掘り加工が正確にしかも軽いタッチでできます。
・クズはけが良く、切削音が静かになりました。
・片側ニック刃で難削材の木質ボード、合板、集成材等の切り抜き、穴掘り加工が正確にしかも軽いタッチでできます。
・クズはけが良く、切削音が静かになりました。


ソコギリビット

■刃の交換不要の一発加工
芯まで刃が付いているので、もぐり・切抜き・溝彫りをこれ一本で行うことができます。

■豊富なサイズ展開
豊富な種類のサイズをご用意しておりますので、用途に合わせて選択していただけます。
■刃の交換不要の一発加工
芯まで刃が付いているので、もぐり・切抜き・溝彫りをこれ一本で行うことができます。

■豊富なサイズ展開
豊富な種類のサイズをご用意しておりますので、用途に合わせて選択していただけます。




各種ホールカッター、精密切削ドリル、木工用刃物製品に関するお問い合わせ・資料請求は

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL:0566-75-8111(代)
営受付時間 平日9:00~17:00

WEBからのお問い合わせ・カタログ請求はこちら



製品紹介

ホールカッター
タケノコドリル
面取りカッター
クリンキーカッター
チップソー・切断用品
木工工具


このページのトップヘ