1. 大見工業トップ
  2. 採用情報トップ
  3. 先輩社員メッセージ | 開発設計

先輩社員メッセージ

開発設計

ブランド製品の開発! (入社3年目)

商品開発の仕事がしたい!
そして「やっぱり大見工業だね!」と言われることが目標

地元で再就職活動時、プロダクトデザイナーを募集していたのがきっかけです。
私はもともと地方で他分野の企画・開発の仕事をしていました。ただ、それは自分のやりたい仕事とは異なり、混沌とした日々を送っていました。
もう一度、商品開発の仕事をしたいと思っていた時、当社の求人情報でプロダクトデザイナー職を募集しているのを見つけ応募したのがきっかけです。仕事柄、工業製品の企画・開発の仕事の求人は少なく、千載一遇のチャンスだと思いました。

今の目標は、お客様から「大見工業のファンだから」とお言葉をかけていただくことがあります。それは、今まで先輩方の作ってきた製品がお客様に受け入れられている何よりの証拠です。他社商品に負けない切削能力や特徴ある製品が今の大見工業を支えています。私の役目は、そういった特徴ある商品を作り続け大見工業ファンを絶やさないことです。今はまだまだ少ないですが、これからどんどん新商品を開発し、お客様から「やっぱり大見工業だね!」と言わ続けるように頑張りたいと思います。

ブランド製品の開発! (入社3年目)
プロフィール
年齢:30歳
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞

仕事内容

幅広い分野の工具を企画・開発・設計します

CADを使用して、図面を書き上げていきます
CADを使用して、図面を書き上げていきます

 商品の企画・開発、設計の仕事です。
これまでに無い商品を企画・提案し、製品化します。大見工業では様々なジャンルの製品があるので幅広い知識が必要です。企画から製品化までの過程は、「こんな商品が欲しい」という要望や「こんな商品を作りたい」というアイデアから商品企画書を作ります。その後、CADにて設計し、試作、完成したら実験、評価を行います。実験では最初から良い結果は出ないので再設計、再試作、再実験の繰り返しです。

仕事のやりがい

切削テスト加工で成功したときは本当に嬉しい!

テスト加工中はいっそう気合がはいります
テスト加工中はいっそう気合がはいります

 切削工具で新しい形状を考えると、当然、既存品との比較テストをしなければいけません。試作したドリルを電動工具に取り付けて鉄板や木に穴を開けていきます。うまく行けば既存品より良い結果がでますし、失敗すれば当然良い結果はでません。切削テストは良い結果がでて当然なので、満足のいく結果がでるまでテストをします。度重なるテストの結果、ようやく求める性能が出た時は本当にうれしいです。

この仕事で一番楽しかったこと

カタチになってくると楽しい!

図面確認の打ち合わせ
図面確認の打ち合わせ

 切削テストで自分で考案した形状が良い結果がでることです。それまでの苦労が報われた時はうれしいですね。だんだんカタチになってくると楽しくなってきます。スポーツでも最初は出来なくて結果がでなくても、だんだん出来るようになって結果が出てくると楽しくなりますよね?商品開発も同じです。最初は失敗も多いですが、実験やテストを重ねるうちに、商品がだんだん成長してくるのが感じられ楽しいです。

後輩へのメッセージ

何でも聞いてください!!

 当社の印象は「何かよくわからないが?とにかく刃物を作っている会社」だと思います。当然、皆さんの周りにはめったに無い工具でしょうし、目にする機会もほとんど無い商品です。だけど、実はほぼ毎日目にする包丁やハサミ、カッターなんかと一緒なんです。包丁で肉や野菜を切るのもドリルで鉄を削るのも同じこと。そう考えれば当社の商品も少しは身近に感じられると思います。最初は誰でも、ぜんぜんわからない業界です。誰でも商品のことはわかりません。全然わからないからと尻込みせずに何でも質問してください

先輩社員メッセージ
企画 営業
開発設計
生産技術
働く仲間紹介
大見工業の採用に関するご質問お問い合わせは

このページのトップへ